神薙 聖

パーソナル

人の名:神薙 聖(かんなぎ きよ) 性別:女 年齢:17
魔の名:反逆天使 エクスシア=アハト 出自:裏切り者 特徴:追跡者
変異:全身の装甲が金色に輝く(《神性介入》使用前なら、“機械仕掛けの天使”本来の姿を現す) 経験点:115 PL名:蒼野
────────────────────────────────────────

データ

◇ブラッド          ◇ハイパーアーツ    ◇その他
プライマリ:セレスチャル 《勝利への賛歌》 F P:16
セカンダリ:エトランゼ 《勝利への賛歌》 人間性:23
カヴァー:高校生 《無限の法則》 行動値:11
────────────────────────────────────────

能力値 (EXP=0)

体力:  8/2   〈白兵〉 0/2  〈耐性〉 0/2           
敏捷:  12/4   〈射撃〉 3/7  〈運動〉 1/5  〈運転〉 0/4   
感情:  8/2   〈意志〉 1/3  〈魔力〉 1/3           
知性:  10/3   〈知識〉 0/3  〈機械操作〉 1/4  〈知覚〉 1/4   
社会:  21/7   〈交渉〉 1/8  〈情報:噂話〉 1/8  〈情報:裏社会〉 1/8  〈情報:魔物〉 1/8 
────────────────────────────────────────

アーツ (EXP=115)

名称   LV TI 判定 Cost 時間 射程 対象 解説
御使い   常時             自身 【敏捷基本値】【社会基本値】+2
後光   リアクション 交渉       自身 攻撃へのリアクションを<交渉>で行う
神性介入   マイナー 自動 メインプロセス シーン 自身 【行動値】+4 達成値+3
信仰   常時             自身 【社会】判定+2
特務天使   常時             自身 〈射撃〉C値-1、達成値+2
光の子   常時             自身 <光>属性ダメージ+【2d6】、<闇>属性防御力0
独立型:社会   常時             自身 【社会基本値】+3
IQ600 常時             自身 【知性】【社会】判定、【知性】【社会】ベースの技能判定、達成値+6
アクロバット   常時             自身 <運動>判定C値-1
託宣   メジャー 自動    メインプロセス    自身 1シナリオに3回まで、GMに直接質問可能
スペシャライズ:レイガン   常時             自身 レイガンC値-1
未来兵器 アイテム                レイガン、セカンドサイト:敏捷、セカンドサイト:社会を取得
リインフォース オート 自動 メインプロセス    自身 《未来兵器》で取得した武器のダメージ+12
支援砲火 メジャー 射撃 メインプロセス シーン シーン 【魔獣化】時専用。[攻:<光>+15]、防御判定は<運動>。
スーパーブロウ マイナー 自動 メインプロセス    自身 【魔獣化】時専用。ダメージ+20
絶対先制 セットアップ 自動 15 瞬間    自身 即座に[マイナーアクション]と[メジャーアクション]を行うことができる。1シナリオに1回
飛行能力   常時             自身 マイナーアクションを使用し、[飛行状態]になる
人の心 常時             自身 [人間性]+10
ブースト&ウィーク   常時             自身 [社会基本値]+5、<闇>属性被ダメージ+【1D6】
────────────────────────────────────────

武器 (EXP=0)

名称   種別 隠匿 技能 位置 修正 攻撃力 解説 常備化
“処刑者”マハトクロイツ 射撃武器 13 <射撃> 片手 <光>+6 レイガン相当品 未来兵器
                               
合計                             
────────────────────────────────────────

防具 (EXP=0)

名称   種別 隠匿 位置 修正 防御力 解説 常備化
                 斬/刺/殴/他      
                 斬/刺/殴/他      
合計   ── ── ──    斬/刺/殴/他     
────────────────────────────────────────

一般アイテム (EXP=0)

名称   解説 常備化
携帯電話      
学校の友人 「情報屋:噂話」相当品
カスピール=フォン=マーレボルジェ 「情報屋:魔物」相当品
死の商人 「情報屋:裏社会」相当品
クラッキング技術 「情報屋:ネットワーク」相当品
高精度FCS 「指南書:射撃」相当品
高度な戦闘マニューバプログラム 「指南書:運動」相当品
天界のデータベース 「助手:知識」相当品
広域センサー 「助手:知覚」相当品
巧みな話術 「助手:交渉」相当品
高等戦術思考 「セカンドサイト:敏捷」相当品 未来兵器
統合情報処理システム 「セカンドサイト:社会」相当品 未来兵器
────────────────────────────────────────

絆とエゴ

種類 対象 関係 内容                     
絆  親しい人々 慈愛 「すべての人に愛を注ぐことはできない。そんなに愛に溢れた存在じゃあない。でも、だからこそ、大切な人たちには、惜しみない愛を注ぎたい」
エゴ 己の力 劣等感 「天使だっていうのに、私には、護ることも、癒すこともできない。奇跡なんて起こしようもない。撃つことしか能がないのよ」
────────────────────────────────────────

設定他

 天界製の“機械仕掛けの天使”、エクスシアシリーズの8番機。
 任務のため、数年前より地球ドミニオンに降り立っていたが、ある事件を契機に、人類の救済を謳う「神の愛」を傲慢と切り捨て、天界を離反。
 現在は魔界及び、大悪魔カスピール=フォン=マーレボルジェの庇護の下で、時折やってくる天界の刺客を退けながら、安穏とした日常を送っている。ただし、その日常を脅かす者を決して容赦はせず、そのため身近な脅威は徹底的に討つというスタンスを取っている。
 ただ、彼女が戦うにはそれなりの金が要る。そのため、生活費の工面も兼ねてバウンティ=ハンターの仕事もしばしば請け負っている。
 
 なお、かなりのうわばみで笑い上戸である。学生じゃないのか、などというのはナンセンスだ。聖は人間ではなく天使だし、そもそも外観通りに17歳とは限らないのだから。――でもお巡りさんにはそんな理屈は通用しないゾ!
 あと、聖はよく食べる。非常によく食べる。その食事量は高校運動部のレギュラーに匹敵するほどだが、これは多機能かつ高機能故の、エクスシアシリーズの燃費の悪さに起因している。――でも周りの人にはそんな理由は分からないゾ!

 仮にも天使でありながら、癒しや奇跡をもたらすことのできない自らの力に、劣等感を抱いている。そのため、誰かを救うためならば、自分にできる範囲の無茶を行うことに、躊躇いはない。彼女にとってそれは、時として、自らの生命よりも優先されるのだ。


 自らの力では、目に見える範囲のすべてを救うことなどできないとは思っている。そのため、自分にとって本当に大切なものだけを守ることに全力を尽くし、あとのものは切り捨てるのが正しいのだと考えてはいる。
 しかし悲しいかな。撃つことしか能がない創られた存在とはいえ、彼女もまた、一応は天使なのだ。だからその根底には、「他者の救済」というエゴがある。
 一見お人よしに思えるかもしれないが、実のところはそうではない。見知らぬ誰かに手を差し伸べることは、彼女にとってはエゴなのだ。(すなわち、時として絆によって抑制される。)








・以下チラシの裏

 エクスシア=アハトの設計思想は、『天界からの支援を得ることなく、独立して地球ドミニオンにおける長期の偵察行動に従事する』というものである。よって、本来ならば装備も現地調達が望ましいのだが、天界の武器を使用した時にこそ天使の力は最大限に発揮されるというもの。
 そこで技術開発局は新たに、派遣先の環境でも十分な整備と補給が行える装備の開発にも着手した。その産物、エクスシア=アハトの主兵装、“処刑者”マハトクロイツは、他の天界兵器と同等の聖なる力を発揮しながらも交換部品の大半と弾薬を地上の兵器のそれで賄うことができるという、非常に優秀な兵器に仕上がった
 また、機体の中に亜空間を内包しており、メインプロセッサー以外の全身を“裏返す”ことで、擬態用のボディーに“交換”できる。このボディーは、ほぼ完璧に地球人を模した有機体であり、この形態を取っている限り、機械的な手段で正体を見破られることはまずない。
 ただし、この有機ボディーが大きな損傷を受けた際には、フィルセイフが働き、エクスシア=アハト本体と半強制的に“交換”される。この間に、亜空間内にて、ナノマシンによる有機ボディーの修復が行われるのだ。同様に、戦闘後の本体の修復も、有機ボディーが表に出ている際に行われている。
 元は偵察を主任務とする機体であるため、エクスシア=アハトの直接的な戦闘能力はそう高くはない。
 しかし今や、カスピールの計らいで魔界や地球の技術を導入、あるいは追っ手たるかつての同胞の装備を奪うことで、攻撃力・防御力、ともに大きく向上している。



・“処刑者”マハトクロイツ(《レイガン》)
 祝福された7.62ミリNATO弾をセミオート及びフルオートで撃ち出す天界製突撃銃であり、エクスシア=アハトの主兵装。
 突撃銃とは名ばかりで、車載機関銃並みのサイズと重量を持つが、エクスシア=アハトは軽々と片手で振り回している。
 強装弾を連射し続けてもなんら支障の無い剛性は、さすが天界製というべきか。

・ウイングバインダー(《アクロバット》《飛行能力》)
 エクスシア=アハトの機動力の要。
 大出力の三次元ベクタードノズルは、飛行はもちろんのこと、地上戦での運動性の底上げにも大きく貢献している。

・シールドエミッタ(《後光》)
 左腕に搭載された防御兵装。
 前方の空間を湾曲させることで、白兵・射撃・魔術等、あらゆる攻撃を受け流し、無効化する。

・八連装粒子ビーム砲 アハトアハト(《無限の法則》《スーパーブロウ》《支援砲火》)
 ウイングバインダーを改修し、左右それぞれ四基ずつ、八連装ビーム発振器を増設したもの。
 一見したところ、バインダーに直接砲口があるようで、非常に小型に思えるが、砲の本体は機体が内包する亜空間に収納されている。
 本来偵察機として設計されたエクスシア=アハトの出力に対して、あまりに過剰な装備であるため、出力リミッターを解除した状態でなければ発射できない。
 放たれる64発のビーム全てが致命的な威力を持っており、一点集中の砲撃はもちろん、複数の敵を同時に狙い撃つ、火線を拡散させて不可避の一撃とする等、状況にあわせた運用が可能な、まさに必殺の兵器である。

────────────────────────────────────────

戦闘用データ


《神性介入》前
S&W M500
命中:2d6+14 C値10
ダメージ:4d6+6

S&W M500 (《リインフォース》使用)
命中:2d6+14 C値10
ダメージ:4d6+18


<耐性>2d6+2
<運動>2d6+10 C値11
<意志>2d6+2 C値12
<交渉>2d6+20 C値12




《神性介入》後

“処刑者”マハトクロイツ
命中:2d6+17 C値10
ダメージ:4d6+6

“処刑者”マハトクロイツ(《リインフォース》使用)
命中:2d6+17 C値10
ダメージ:4d6+18

八連装短砲身粒子ビーム砲 アハトアハト
命中:2d6+17 C値11
ダメージ:4d6+15


<耐性>2d6+5
<運動>2d6+13 C値11
<意志>2d6+5 C値12
<交渉>2d6+23 C値12




<知覚> 2d6+11 C値12
<交渉> 2d6+21 C値12

情報判定:
<噂話><裏社会><魔物> 2d6+23 C値12
<ネットワーク> 2d6+22
<警察><社交界><企業> 2d6+19
────────────────────────────────────────

セッション参加履歴 (取得EXP=0)


  • 最終更新:2009-11-17 19:02:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード